防犯カメラや情報家電をサイバー攻撃から守るための「セキュリティ診断×ネットワーク管理ツール」

 近年、パソコンだけでなく、IoT機器(スマート家電、センサー、組み込み機器)を狙ったマルウェア「Mirai(ミライ)」等による被害が急拡大しています。

 サイバー攻撃によるリスクを最小化するためには、IoT機器の適切な管理が求められており、「(初期)パスワードを変更する」、「ソフトウェア(ファームウェア)アップデート」を行う、「定期的に状況をチェックする」などの基本的なセキュリティ対策の徹底が急務となっています。

 この「MIRAI_DEFENDER」アプリは、ご自身のネットワーク(Wi-Fi/有線LAN)に接続されたウェブカメラやHDDレコーダー、Wi-FiアクセスポイントなどのIoT機器を自動的に一覧表示し、IoT機器のセキュリティ対策レベルを簡単に診断することができます。

 また、対象となる特定の機器をお使いの場合、最新のファームウェア更新情報を表示したり、共通脆弱性識別子CVE(Common Vulnerabilities and Exposures)及びJVN(Japan Vulnerability Notes)による脆弱性情報を自動的に表示する上級者向け機能もあります。従来のように人手を使ってウェブページを検索してCVEやJVNを確認する作業は必要ありません。

1.使い方

◾️操作方法(iOS / Android)

1.あなたが管理するローカルエリアネットワークにスマートフォンを接続します。
[NEW]MIRAI_DEFENDERアプリ(iOS版)のバージョンが1.1.0以降の場合、有線LANに接続できます。(詳細は「有線LANへの接続方法」をご覧ください。)
2.「MIRAI_DEFENDER」アプリを起動します。
3.ルーペボタンにタッチして、機器一覧を表示させます。
4.パスワードチェックボタンにタッチして、診断を開始します。
5.IoT機器の一覧と診断結果が表示されます。

◾️IoT機器に脆弱性が発見された場合の対策例

(1) 当該機器をネットワークから切り離します。
(2) 可能な場合、工場出荷時のアカウントを削除するか名称を変更します。
(3) 可能な場合、すべてのアカウントのパスワードを変更します。
(4) 製造元から更新版が提供されている場合、最新のファームウェアにアップデートします。
(5) 可能な場合、不要な通信ポート(例えば、TELNET)を閉じます。

◾️有線LANへの接続方法(iOS)

ローカルエリアネットワークでWi-Fiアクセスポイントが利用できない場合は、iPhoneを有線LANへ接続することができます。必要なハードウェアは次の通りです。
 
 ・iPhone(iOS 11.4がインストールされたiPhone7で確認済み)
 ・Apple社製「Lightning - USB 3カメラアダプタ」
 ・市販の「USB-Ethernetアダプタ」
 ・市販の「LANケーブル」
 ・必要に応じて「USB - Lightningケーブル」
 ・必要に応じて「ACアダプタ」(「USB-Ethernetアダプタ」に電源供給するために十分な容量のもの)

(1) iPhoneのLightning端子に「Lightning - USB 3カメラアダプタ」を接続します。

(2) 続いて「Lightning - USB 3カメラアダプタ」のUSB端子に「USB-Ethernetアダプタ」を接続します。
この時「USB-Ethernetアダプタ」によっては、電源供給が必要となることがありますので、必要な場合は「Lightning - USB 3カメラアダプタ」のLightning端子と「ACアダプタ」を「USB - Lightningケーブル」で接続してください。

(3) 「USB-Ethernetアダプタ」に「LANケーブル」を接続し、ローカルエリアネットワークに接続してください。

(4) iOS 11.4以降の「設定」→「Ethernet」→インターフェース「USB 10/100/1000 LAN」等で接続確認ができます。


2.ダウンロード



3.使用上のご注意


4.プライバシーポリシー


5.ソフトウェア使用許諾契約


6.使用しているソフトウェアライセンスについて


7.開発元・お問い合わせ先

 〒136-8637
 東京都江東区新砂1-3-3
 株式会社インテック
 先端技術研究所
 TEL  03-5665-5091(日本語)
 EMAIL info-ati@intec.co.jp
 https://www.intec.co.jp/



©2017-2018 INTEC Inc.

インテックのMIRAI_DEFENDERアプリは、iPhoneやAndroidスマホで使えるネットワーク診断ツールです。{マルウェア|ウイルス}のMirai{みらい|ミライ}や{wannacry|ランサムウェア|ワナクライ}による攻撃に家電やパソコンなどの機器が影響を受けにくいかどうか診断します。{マルウェア|ウイルス}は、DDoS(分散サービス不能)攻撃や身代金(ランサムウェア)を要求するものもあります。防御や対策には、ネットワーク診断ツールで現状を把握することが必要です。